tachinonskyの日記

複数のテーマが混在してます。「検索」に「ロシアンフォーク」、「Chirko-Horiuchi 詩画展」、「ブリテン諸島フォーク」をコピペ入力していただくとそこに飛んで行きます。

ロシアンフォーク備忘録 「Старею, старею.」・・老い、老い

 リタイヤ爺になって、「だけど・・僕たち若者がいる・・」なんて歌うのも、憚れるようになってきた。
 で、暇を持て余してyou-tube徘徊なんぞをしていたら、こんな動画にたどり着いたという訳・・・・・「Старею, старею.」・・老い、老い
 最初見つけたのは、この動画だった?・・と思う。
  ※ 忘れるからこうして「備忘録」を書いている訳です。(笑)

,Старею,старею исп Галина гармонистсамоучка ⇒ 

www.youtube.com

 ロシアの白髪のおばぁちゃんが、小型のアコを弾きながら歌う・・

 いいですねえ。
 you-tubeの解説のところにアコーディオンは「独学」とありましたよ。
 私もこのくらい上手に弾けて歌えたらいいですね。・・憧れます。
 余計なことですが、アコを弾いている右手の薬指に指輪しているから、ヒ・ト・ヅ・マでしょうね。
 よく見るとこのおばちゃんのファッションも・・・ミニはいてるよ。それもかなり短いの・・・
 こういうフッション、私等以前の世代の日本人はなかなかできないから、素晴らしいと思う。

 まあ、いかにも「貧乏爺」って感じでくたびれた作業服しか着ない私ですから、そんなことは、遠い別の世界のことで、どーでもよいのですが。(笑)

 やっぱり、笑顔で弾いているのもいいですね。これが私にとって、一番難しい。

 このおばちゃんyou-tubeにたくさん動画出してますね。

 紹介のところ見たら、「Дудзенко Галина, гармонист (самоучка).って書いてあって、グーグルさんに訳してもらったら、ガリーナ・ドゥゼンコ、ハーモニスト(独学)
※「ハーモニスト」と訳されているけれど、原文はгармонистだからガルモニスト(小型アコーディオン弾き)だよね。・・独学だってすごいなあ・・・

 で、曲の方だけれど、歌詞がいいですね。「同世代」に近づいてきた爺としては共感できる。
 ただ、歌詞に「私たちは皆、荒廃と飢餓を生き延びました、戦時中、何とか生きた」
・・・という歌詞を読めば、、私より10-20歳年上の世代の歌詞てだすよね。
ちなみに、私は、戦後の「緑の丘の赤い屋根・・」の頃

 そうすると、この歌詞ができたのは、20-30年前くらいなのかなぁ・・・
 楽譜も欲しい・・けれど、なかなか探せない。
 キリル文字のアルファベットようやく読めるレベルでは、いくら自動翻訳機能があっても、手も足も出ない。

こちらは別の人が歌ってるようですね。
「Старею, старею. Тамара Козлова」⇒ 

www.youtube.com


そしてこちらは、Вячеслав Абросимов (ヴャチェスラフ・アブロシモフ)が、アコ弾き歌い
ПЕСНЯ ВЫНИМАЕТ ДУШУ "Старею старею" - поет Вячеслав Абросимов ⇒ 

www.youtube.com


※下の解説欄に歌詞が載ってます。

歌詞をグーグルさんに訳してもらうと、こんな感じ

歌詞(歌詞)

老後は喜びではないと彼らに言わせてください

そして今、私はこめかみに白髪があります

歳をとった、歳をとったけど、後悔はしていない

でも全然後悔してない

 

私たちは皆、荒廃と飢餓を生き延びました

戦時中、何とか生きた

年をとって、年をとって、でも後悔はしていない

でも全然後悔してない

 

そして今、私の世代は成長しています

二人の息子と一人の娘と多くの孫

年をとって、年をとって、
でも後悔はしていない

でも全然後悔してない

 

 ただ、曲がこの曲↓と似通っている感じがする・・
「Ольга ВОРОНЕЦ - Деревенька моя」(私の村)⇒ 

www.youtube.com


替え歌なのか?それても単に似ているだけなのか・・その辺はわからない・・・
「私の村」なら楽譜はあるけれど・・・

参考までに「私の村」をヴャチェスラフ・アブロシモフが、アコ弾き歌いしたのはこちら
「БОЖЕ, КАК ОН ПОЕТ!🔥 До слез пробирает!😢(Деревня моя)」⇒ 

www.youtube.com

ロシアンフオーク備忘録 「Старый клён」 (古いカエデ)

 

 花、あるいは植物って、結構あるパターンで「擬人化」されることありますよね。そして、それは、国、民族によってパターンが決まっている・・所謂「ステレオタイプ」じやないけれど、そんな感じで、この花ならこういう状況・・・ってのが決まっているようですね。でも、それは、「文学上の決まり事」に近いものではあるけれど、「自動翻訳」ではまだ対応できてませんね。

 たとえ、翻訳であつても、その国の、その文化圏の作品やをたくさん読まないと、知り得ないののかもですね。
 ロシアでは、「ナナカマド」は女性を表すみたいで,曲の名前にもなったりしているけれど、「ナナカマド」では、日本語の音符に乗らないので「グミ」になってますが・・・「Уральская рябинушка」→「ウラルのグミの木」・・みたいに

 前置きが長くなってしまいました。この曲です。
 作曲者も作詞者もいるけれど、分類としては、現在は「フォーク」なんだしょうね。

 私好みの、PPMとおなじ編成のバンドで歌っているバージョンで、
「Трио "Отражение" - Старый клён」⇒ 

www.youtube.com


こんなのも

「Александр Рыбак "Старый клён" - Alexander Rybak "Stary klion"」⇒ 

www.youtube.com

 ボーカルが間奏をバィオリン?フィドル?でいれるのい~ですねえ。

 白いピアノの前に座っている(弾いている?)小柄なおばちゃんが、作曲者のАлександры Николаевны Пахмутовой. ですね。
 彼女の曲で日本で良く知られているのは、歌声でよく歌われる「心さわぐ青春の歌」でしょうか。

 で、この曲のオリジナルなイメージは、こんな感じかな?このへんになると「ソビエト歌謡」って感じかな。
「"Старый клён" - Фильм "Девчата"」⇒ 

www.youtube.com

日本でいうと、「昭和歌謡」の雰囲気かも・・(笑)


ということで、歌詞です。
探すと、複数のサイトにのってますが、とりあえず、これ⇒https://www.chitalnya.ru/work/2588579/

で、グーグルさんに翻訳してもらいました。

「古いカエデ」

オールドメイプル、
オールドメイプル

古いカエデがガラスをたたく
散歩に友達を誘って。

なぜ、なぜ、なぜ、私にはとても明るいのですか?

路地を歩いているからです。

なぜ、なぜ、なぜ、私にはとても明るいのですか?

路地を歩いているからです。

 

降雪、降雪、

降雪は久しぶり

訪れるかのように、また春が戻ってきました。

なぜ、なぜ、なぜそんなに良いのですか?

あなたはただ私に微笑んだからです。

 

負け。←(※誤訳で「間奏」の事かと・・・)

見て、見て

空を見て

なんて明るく澄んだ輝き。

なぜ、なぜ、アコーディオンはなぜ歌うの?

誰かがアコーディオン奏者を愛しているからです。

なぜ、なぜ、アコーディオンはなぜ歌うの?

誰かがアコーディオン奏者を愛しているからです。

歌詞自体は変な言い回しがないようで、きれいに訳せているけれど・・・意味するところは、ちゃんとした翻訳者の方に解説してもらわないとわからなさそうですね。


楽譜は探すと複数出てくるようだけれど、ロメディはとりあえずこの辺で ⇒ 

yandex.ru

 

 

 

アレクサンドラ・パフムートワ 公式サイト ⇒ http://pakhmuto


フォーク 備忘録 ニュージーランド民謡 「The Wellerman (Gingertail Cover)」

音楽系のYou-Tube徘徊していたら、こんな曲を見つけた。

「The Wellerman (Gingertail Cover)」⇒ 

www.youtube.com

 しかも、ぬぁーんと「キィウイランド」の民謡です。(フォークというより、本当の民謡のレベルですね。)でも、ネイティブのマオリの民謡ではなく、入植したイギリス系の人達の歌の様ですね。Wikiみるとマオリの人達も捕鯨には混じって参加しているようですが。
なんとなく景気の良い曲です。
 捕鯨大反対のキゥイランドの人達も、昔は派手にやらかしていたようですね。
題して「The Weller man」 どうやらクジラ漁の補給船の歌の様です。
 Wikiで調べるとありました。
Wiki 日本語 ⇒ 

ja.wikipedia.org


Wiki 英語 ⇒ 

https://en.wikipedia.org/wiki/Wellerman

歌詞とかは探せば出てくるので
例えずこのサイト⇒ 

www.checkitouta.com

ということで、・・楽譜ですね。
〇 これは簡略化した楽譜2ページですね。画像コピーできますね。
「The Wellerman Sheet Music」 The Wellerman: sheet music & lyrics for piano & other instruments. Such a fun, high-energy song to sing & play!
 ⇒ 

https://www.music-for-music-teachers.com/the-wellerman-sheet-music.html

〇 こちらは、you-tubeで楽譜が表示されます。
「The Wellerman (Sheet Music) - TikTok Version Sea Shanty」⇒ 

https://www.youtube.com/watch?v=hRdnVXy4pPc

 

〇 こちらは、57小節 画面コピーしてプリントすると6ページになる長い楽譜ですが、・・・そのままではプリントできません。でも、方法はないことはないです。
⇒ 

https://musescore.com/user/173124/scores/5980505

 

 鯨獲りの歌でこんなのもありますね。こちらは大西洋の北半球、グリーンランドの海が舞台
私はピーター・ポール&マリーの歌で知りました。似た様な感じもする歌ですね。
「Peter, Paul and Mary - Greenland Whale Fisheries (25th Anniversary Concert)」⇒ 

www.youtube.com

「Greenland Whale Fisheries  Peter, Paul and Mary」 ⇒ 

www.youtube.com


解説が日本語です。こちらには「笛」(ティンホイッスル?)が入ってます。

フレンチフォーク 備忘録 「L'inconnu de Limoise」  リモワーズの見知らぬ人

フレンチフォーク 備忘録 「L'inconnu de Limoise」  リモワーズの見知らぬ人

「Orchestrona 5/17 Notte Bianca del Cibo Italiano Forlimpopoli 04/08/2018」⇒ 

www.youtube.com

曲名は「L'inconnu de Limoise」  リモワーズの見知らぬ人
「名もなきバグパイパー」といったところですね。
 この動画が気に入っているところは、楽しそうに笑顔で踊っている白いスカートのカップルですね。ステップがちゃんとしていると、ちゃんと飛ぶところでは飛んでいる・・なんといっても「笑顔」ですよね。曲に合わせるの真剣になって踊っている人もいるれけれとど・・・
 あと、子供たちが踊っているのが良いですね。
またアレンジもサブメロ(っていうんでしたっけか?)があっていいですね。

 この曲、最初はこちらの動画で見つけたんです。
 アコーディオンの独奏・・シンプルな感じで難しくなさそうで、ソク真似したくなりましたね。

「French accordion music - L'inconnu de Limoise - Accordeon Francais Akkordeonmusik acordeon frances」 ⇒ 

www.youtube.com

ここの下に解説と歌詞がありますね。
こちらは英語もありますね。

ということで、楽譜ですね。ここにありましたよ。
⇒ 

http://confins.free.fr/Vir%E9e%20des%20chapelles/l'inconnu%20de%20limoise.pdf


でもこれ、多分ダイアトニックアコーディオン用の楽譜みたいですね。
このPDFの楽譜の解説は「コピーペースト出来る」ので、解説をコピーし手自動翻訳にかける事が可能です。興味ある方はやつてみてくだい。
 簡単に言うと、お役所の道路工事で墓を移転しようとしたところ、そこにはバグパイプと一緒に眠っている人がいた・・・というお話の様です。

ダイアトニックアコで弾くとこんな感じですね。
「Carlo Boeddu & Fabio Calzia • L'inconnu de Limoise」⇒ 

www.youtube.com

 

 

 


こんなのもありましたよ「L'INCONNU DE LIMOISE - FOLK IN DUE」⇒ 

www.youtube.com

 

 

 


こちらには、解説と歌詞もついているようです。⇒ 

cordamundi.bandcamp.com


解説
L’Inconnu de limoise (The unknown man from Limoise) is a French mazurka composed by J.F. Maxou Heintzen. A composition that often travels only in an instrumental version but which includes beautiful lyrics that the ensemble has arranged for two voices.
歌詞
L'INCONNU DE LIMOISE

Il doit dormir, depuis tout ce temps
Bien gentiment, sous trois pieds de terre
V'là qu'on le dérange, impoliment
Quelle drôle d'idée, d'changer d'cimetière
Dedans sa tombe, tout contre sa tête
On a trouvé son seul bagage
Sa cornemuse, sa chère musette
Qui accompagne son grand voyage
Car on n'a pas pu les séparer
Et c'est peut-être beaucoup mieux ainsi
On les a trouvés, ils dorment dans le même lit
C'était peut-être pas un maître-sonneur
Mais il aimait ce sacré bout de bois
un peu comme une soeur que
l'on veut garder près de soi

グーグルさんの直訳です。
「L'Inconnu de limoise」  (リモワーズの見知らぬ男) は、J.F. Maxou Heintzen によって作曲されたフランスのマズルカです。 多くの場合、インストバージョンのみで移動する構成ですが、アンサンブルが2つの声にアレンジした美しい歌詞が含まれています

.「リムジンの見知らぬ人」

彼はずっと寝ているに違いない

とても親切に、地球の3フィートの下で

ここで私たちは彼を無礼に邪魔します

墓地を変えるなんて面白いアイデア

彼の墓の中で、彼の頭の近くに

彼の唯一の荷物を見つけた

彼のバグパイプ、彼の愛するミュゼット

彼の大いなる旅に同行するのは誰か

分離できなかったから

そして多分それはその方がずっと良いです

私たちは彼らを見つけました、彼らは同じベッドで寝ています

ブリテン諸島フォーク 備忘録 「The Unquiet Grave」

ブリテン諸島フォーク 備忘録 「The Unquiet Grave」

Luke Kelly-The Unquiet Grave-Lyrics HD
⇒ 

www.youtube.com

 

you-tubeの下の方に歌詞があります。

この曲の解説はこちらで・・・私はこの方のブログの記事でこの曲を知った次第

「The Tune I Love So Well」のなかの「The Unquiet Grave, ジ・アンクワイエット・グレーブ」
⇒ 

crestschool.com

いーですねぇ、この詞 心に響きます。
 ・・・死んだ彼女のお墓の前で待ち続ける・・・・

 まぁ実際には、「できない相談」であり、どんなに科学が進歩しても、死なない様にはできるかもしれないけれど、死んでしまったら、どうしようもないですよね。

 想い出の中にしか残らない・・・その想い出さえも、その人を知っている人がいなくなれば消えてしまう・・・
 諸行無常というか・・・
 だから今が大切なんだ・・・・ということも言えるのかもしれませんね。
 まあ概してオトコというものは未練がましいのです。
楽譜は・・・あとで探しましょう・・たしかネット上にあったと思った・・

ジ・アンクワイエット・グレーブ

ブリテン諸島フォーク 備忘録 Fields of St. Etienne  「サン・エティエンヌの草原」 

 ひきこもりの私めは、毎日ネット徘徊ばかりしている。
 2016年のことだけれど、そんなネット徘徊してて、こんな曲を見つけた。

 Fields of St. Etienne - Mary Hopkin
⇒ 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

このYou-tubeには(You-tubeの画面下の解説のところの「もっと見る」をクリックすれば)・・歌詞も載っている。

 歌っている「Mary Hopkin」は私の大好きな曲「Those Were The Days」を1960年代に歌った歌手。
 この「Those Were The Days」という曲はロシアの曲で「長い道を (Дорогой длинною)」というちゃんとした作曲者がわかっている曲。
 教科書には「ジプシー民謡」とか「ロシア民謡」なんて書かれてるけれど。

 でもこのFields of St. Etienneという曲の存在は知らなかった。

 改めて「Fields of St. Etienne」を聴いて、その歌詞を(他のサイトの助けを借りて)読んでみた。


 参考サイト その1⇒ 

ameblo.jp


 参考サイト その2⇒ 

kalauer2.cocolog-nifty.com


 参考サイト その3⇒ 

byeryoza.blog8.fc2.com


 参考サイト その4⇒

blog.goo.ne.jp


 
 日本では、白鳥恵美子が英語で歌っているみたい。
 私の検索能力では日本語歌詞はみつけられなかった。
 まぁ下手な日本語詞をつけて原詞の意味を無くしてしまうなら、英語の詞の後に日本語訳をつけててもらった方がいいとは思うけれど。

 

 カバーVerがあった。
 Fields of St. Etienne - cover ⇒

www.youtube.com


  ギター1本で歌えるところが、フォーク世代の私にとっては、とても好み。

 こんなVerもあった。アコーディオン弾き語り
 Siobhan Owen ~ Fields of St Etienne
 ⇒

www.youtube.com


 ところで、この曲、英語の歌だけれど歌詞の舞台はフランスなんですね。

「St. Etienne」で検索したらWikiで、「サン=テティエンヌ(Saint-Etienne)は、フランスの東部の都市で、ロワール県の県庁所在地である。」と書いてあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 フランスを舞台に歌った反戦歌としては、こんなのもあるみたい。
 ただ、第1次大戦のことを歌っている様だ。1914年だから100年以上前

 Wiki英語版⇒

en.wikipedia.org

・・・自動翻訳してお読みくださいな。

 Green Hills of France (No Man's Land)⇒https://www.youtube.com/watch?v=ntt3wy-L8Ok

 これは、楽譜も見つかった⇒

https://en.wikipedia.org/wiki/No_Man%27s_Land_(Eric_Bogle_song)

「Fields of St. Etienne」の楽譜はみつけられなかった、・・・「採譜」するほかないのかなぁ・・・うーん できるかなぁ。(根性!・根性!!・根性だぁぁぁぁぁぁぁーっ!)・・・
 日本語詞 知っている人がいたら教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 第1次大戦の頃、日本では反戦歌あったのかなあ・・・有名な「君死にたもうことなかれ」だったっけか・・Wikiで調べたら1904年・・・。日露戦争ですね。

 なんか、遠い昔の事と思うけれど、私の爺様の世代が若者の時、戦争があったのでしょうね。

 今も昔も、若者が兵隊に取られ、戦に行き、殺されるのは変わらない。
 幸いにして、1945年秋以降、日本の若者が戦場で(兵士として)死ぬことはなかった。 今後もそうであってほしい。
 若者を戦場で死なせないために、私達は何ができるのだろう。
 100年前と違うことは、私達は選挙で政府を選ぶことが出来るということ。

※ 追記採譜してみた。・・でも間奏8小節・・音採れない。
  その後、歌声でお世話になっているピアニストのSさんに助けてもらって、楽譜なんとか完成できた。

 ※ 楽譜欲しい方・・お知らせください。メロ+コードのみですが・・
この記事、以前別のブログ「tachinonのタワゴト」に投稿したものです。
「備忘録」としてここに書き写した次第です。

Chirko-Horiuchi 詩画展 Chirko-Horiuchi さん本人の「ごあいさつ」 です。

 


 2020年10月1日(木)~10月31日(土)に、日本基督教団東北教区センターエマオ 1Fロビーで開催された「堀内知恵子詩画展」に貼りだされた本人自筆の「ごあいさつ」です。

以前の掲示板のタイトルです。 掲示板のサービス終了に伴い、こちらにブログの一部に引っ越しました。「作者のある詩」なので、著作権のことも考え、全部をアップしたいのですが、断念しました。

 

Chirko-Horiuchi 詩画展  Белая Черемуха 窓辺に散るチョムリハ

Chirko-Horiuchi 詩画展 Белая Черемуха 窓辺に散るチョムリハ

 

 Chirko-Horiuchiさん(tachinonskyのアコ友)が、詩のイメージを独特のタッチで絵にしたものです。 
 彼女の描いた絵と、その詩と、そして詩に曲がついている場合には、その曲の解説や動画のリンクも紹介していきたいと思うのです。

※ なお、詩に関して、著作権に抵触する場合には、お知らせいただければ、削除いたしますので、よろしくおねがいいたします。

Белая Черемуха 窓辺に散るチョムリハ

探したのですが、同名の曲はあるのですが、歌詞が違うようなのでこの歌詞の詩が見つからないです。
「Черемуха」を調べるのに、ロシア語のWikiで探して、そこから日本語版へ飛んで行くと「エソノウワズミザクラ」(Prunus padus L)というのがでできます。
英語で「Bird Cherry」と呼ばれるらしい。

Chirko-Horiuchi 詩画展  Correspondances C.eaudelaire

Chirko-Horiuchi 詩画展  Correspondances C.eaudelaire

 

 Chirko-Horiuchiさん(tachinonskyのアコ友)が、詩のイメージを独特のタッチで絵にしたものです。 
 彼女の描いた絵と、その詩と、そして詩に曲がついている場合には、その曲の解説や動画のリンクも紹介していきたいと思うのです。

※ なお、詩に関して、著作権に抵触する場合には、お知らせいただければ、削除いたしますので、よろしくおねがいいたします。

詩の朗読you-tube
「Correspondances de Charles Baudelaire」
⇒  https://www.youtube.com/watch?v=jU0tO-hEqyk

同じく「Correspondances par Charles Baudelaire」
 ⇒ https://vimeo.com/130127062


多分説明はこれだと思いますが・・Wikiフランス語版
「Correspondances (sonnet)」 ⇒ https://fr.wikipedia.org/wiki/Correspondances_(sonnet)

Chirko-Horiuchi 詩画展 Es geht eine dunkle Wolk herein   暗い雲がやってくる。

  Es geht eine dunkle Wolk herein    暗い雲がやってくる。

Chirko-Horiuchiさん(tachinonskyのアコ友)が、詩のイメージを独特のタッチで絵にしたものです。
 彼女の描いた絵と、その詩と、そして詩に曲がついている場合には、その曲の解説や動画のリンクも紹介していきたいと思うのです。

※ なお、詩に関して、著作権に抵触する場合には、お知らせいただければ、削除いたしますので、よろしくおねがいいたします。

Es geht eine dunkle Wolk herein   暗い雲がやってくる。

調べるとWikiドイツ語版に出てきますね。
「Dunkle Wolken」⇒ https://de.wikipedia.org/wiki/Dunkle_Wolken

説明を自動翻訳すると、・・・「暗い雲が、また、暗い雲がでてくる、あるベース民謡の歌原稿にバイエルン ベネディクト 父ヨハネスWerlinからゼーオン修道院。[1]この曲は16世紀の別れの歌です。」

こんな感じの曲の様ですね、。
「Es geht ein' dunkle Wolk herein」⇒ 

www.youtube.com



「Es geht eine dunkle Wolk herein / Dunkle Wolken (Voice, Chrotta / Crotta)」⇒ 

www.youtube.com



楽譜もありますね。「Es geht eine dunkle Wolk herein
Volkslied」 ⇒ https://www.lieder-archiv.de/es_geht_eine_dunkle_wolke_herein-notenblatt_300386.html